FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問鍼灸マッサージってどんな事するの?

こんにちは。
今日は、私のお仕事であります『訪問鍼灸マッサージ』って何すんの?というお話です。

訪問鍼灸マッサージとはその名の通り、鍼灸マッサージ師(以後略してマッサージ師)が患者さんのお住まいに訪問して施術するお仕事です。
お医者さんが往診に伺うのと同じですね。

患者さんのお住まいは一般の住居の時もあれば、老人ホームのような施設の場合もあります。

患者さんのほとんどが保険治療ですので、お医者さんから『同意書』を発行されるような病気の方を担当します。

私の担当している患者さんの症状で一番多いのは、脳梗塞や脳溢血の後遺症で半身麻痺になった方。
全体の約4割ほどです。

次に多いのはパーキンソン症状の方。手や足などがご本人の意思とは関係なく震えて止まらなくなる症状が特徴の病気です。
これが全体の約1割。

あとはバラバラでスモン病、ギランバレー症候群、後縦靱帯骨化症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など割合重い症状の方が多いです。
もうお話も満足にできない患者さんもたくさんいらっしゃいます。ご高齢の方も多いです。

ターミナルケアという言葉があります。

予想される余命がいくばくもなく、症状の改善が望めない患者さんに対して最後まで少しでも楽になってもらうのを目的とした治療や制度などの事をいうそうです。

訪問マッサージはターミナルケアだという人がいますが、私にはそうは思えない。

確かに完治するのが難しいケースが多いですが、『やり方』によっては時間がかかっても少しづつ確実に症状が良くなっていく事を何度かこの目で見てきました。

その『やり方』には、現在科学的には説明しにくいような内容も含まれていて、むしろそんな事の中に大事な本質があるのではないか。
そんな風に思えるのです。

今後ブログでは私の経験してきた『やり方』をご紹介できたらと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログ内検索

FC2ブログランキングに参加しています。

プロフィール

小川 隆

Author:小川 隆
ブログを読んで下さってありがとうございます!
私は横浜で訪問鍼灸マッサージ師をしています。
患者さんと日々接する中で、治療には技術や経験、心構えだけではなくもっと基本の大事な事があることに気がつきました。
このブログを読んで下さった方に共感して頂けると嬉しいです。

リンク
最新の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。